ホーム » 日記 » 今、流行のシワを隠すテープを使っても効果がない?

今、流行のシワを隠すテープを使っても効果がない?

■シワを隠す魔法のテープなんてあるわけない?★
この間、雑誌の付録に「シワを隠す魔法のテープ」というものがついていたんです!
最近、流行っているみたいで、美容家のIKKOさんがおすすめしていたり、
かづきれいこさんもプロデュースしているようなんです。

早速、その雑誌を買って透明のテープを貼ってみたところ・・・、貼るところで挫折してしまいました。
それというのも、テープが粘着力が強くなく、うまく貼れず。

台紙から剥がれたのか、残っているのかも、目をこらしてみないと分からず・・・。
きれいに貼ることができれば、確かに目立たずにリフトアップした感じはするのですが、
朝の忙しい時間にこの作業をやるのは、とてもじゃないけど難しそうでした。

不器用な私は、結局いつものメイクで出かけたのが記憶に新しいです。(笑)

でも、こういうテープが大流行するということは、シワを隠したい女性がいかに多いのかということが
分かりますよね。(-ω☆)キラーン

リフトアップテープともいうそうで、テープいらずのお肌になれないかな?とシワを改善するには
どうしたらよいのか、調べてみることにしました。

■綺麗なママ友も、昔はしわで悩んでいたなんて?★
ママ友で、とってもお肌の綺麗なママがいるのですが、2児の男の子のお母さんとは思えないのです。
そこで、ママ友とのランチ会のついでに、さりげなく「どうしてそんなにお肌が綺麗なの〜?」と
聞いてみることにしました。( ̄ー ̄)ニヤリッ

そうしたら、「私も前はシワやしみで悩んでいたんだ!」という意外な答えが返ってきたのです。
それじゃあ、どうやってそれを治したの?と聞くと、肌本来のバリア機能を取り戻すことに
成功したのだそうです。

肌は、バリア機能がそなわっていて、本来「綺麗になろうとする」チカラをみんなもっているんですって。
確かに、赤ちゃんのお肌なんてとってもツルツルですもんね。

過剰な洗顔やスキンケア、加齢による乾燥、紫外線などにさらされているうちに・・・
バリア機能が落ちた「敏感肌」に陥っているそうなんです。

え?年齢を重ねたのに敏感肌?とお思いかもしれませんが、むしろ年齢を重ねるうちにお肌は
敏感肌になりやすいのだそうです。

■実はそうかも?!敏感肌チェックしてみませんか?★
私も、綺麗なママ友に教わるまでは実感がなかったのですが、敏感肌に当てはまる項目ばかりで
びっくりしました。

シワやしみが気になりだした・・・という方は、下記の項目をチェックしてみてくださいね。

・人間関係や仕事などのストレスがあると、吹き出物ができる
・月経前はホルモンバランスが崩れ、肌が荒れる
・季節の変わり目は肌が荒れやすい
・髪の毛や洋服がお肌にあたるだけで、かゆくなる
・化粧品を変えると、肌がヒリヒリすることがある

これらに共通しているのは「外部刺激に弱い」ということです。多少の刺激があっても、
健康なお肌ならターンオーバーが安定しているので、肌トラブルはすぐ治ります。

でも、敏感肌の場合は、未熟な角層のままターンオーバーが過剰に起こってしまので、
刺激によわ〜いお肌になってしまうのです。・ヾ(。><)シ ぎょぇぇぇ ..

繊細なお肌状態なので、シワもなかなか薄くならなかった、というわけですね。
具体的に、お肌を正常に戻す方法を次回から考えてみたいと思います。

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。