ホーム » 日記 » バリア機能を取り戻すにはどうしたらいいの?

バリア機能を取り戻すにはどうしたらいいの?

■バリア機能を取り戻すにはどうしたらいいの?★
かづきれいこさんプロデュースのシワを隠す魔法のテープも使いこなせなかった私。
こうなったら、根本的に、シワを薄くして、つるつるのお肌を取り戻そう!と誓ったのでした。

でも、美しいママ友に聞いたところ「敏感肌を治すといいんだよ」ということなのです。
具体的に、敏感肌には何が必要なのか、どんなケアをするとよいのかについて調べてみることにしました。

まず、第一に「バリア機能を高めていく」ことが必要です。
それには、肌本来のバリア機能の代わりを務めてくれるコスメが必要なんですね。

でも、保湿や美白機能のコスメはたくさん出ていますが、バリア機能をしてくれる化粧水なんて
あるのでしょうか?

それが、「敏感肌専用化粧品」なら叶えてくれるらしいんです。(TωT)ウルウル
角層の役割をしてくれて、正常なターンオーバーを取り戻す時間をつくってくれます。

表面では、外部刺激、水分の蒸発を防ぎ、バリア機能をサポート。
一方、内側でも「保水」し続けてくれることが必要です。

これまで、保水機能があると使っていたセラミド入り化粧品。でも、イマイチ効果がなかったのは
セラミドそのものの種類が合わなかったのと、分子の大きさが大きすぎて、肌の奥まで
浸透してくれなかったことが考えられるのです。

■ナノサイズ化されたセラミドってどんな効果があるの?★
それでは、浸透してくれるセラミドって何なのでしょう?
セラミドには、「植物由来」「動物由来」など、いろいろな種類があるのです。

人間のお肌に最も近いのは「ヒト型セラミド」なんです。肌への親和性が高く、浸透力もアップします。
ナノサイズ化されていると、さらに奥までしみ込んでくれます。

これまで、私が使っていたセラミドは、分子量が大きいので、角層が乱れて、表面しかうるおっていなかったのですね。
ナノサイズ化されたセラミドなら、不足し乱れたセラミドの配列にぴったり適合してくれるので、
保湿効果をサポートしてくれるのです。( ^ー゚)bグッ!

つまり、「小さなサイズの」セラミドを使うことで、敏感肌は内部がうるおうことができるのですね。

■敏感肌は、普段の何気ないお手入れはどうしたらいい?★
ナノサイズ化されたセラミドが、肌の奥まで浸透するということが分かりましたが、シワを隠すテープいらずの
お肌になるためには、具体的にどんなケアをするとよいのか、ご紹介したいと思います。

まず、基本となる「洗顔」。こちらは洗いすぎず、こすらないのが鉄則です。
マスカラや口紅などのポイントメークは、コットンなどで、やさしくクレンジングしましょう。

クレンジング剤がなじんだら、メークが浮き上がるまでキープしてください。

いつも、洗浄力の強いオイルクレンジングで、ゴシゴシ洗っていた私の洗顔を反省しました。

それから、化粧水やクリームは「手」でつけるのがよいそうです。体温を感じられるくらい
手のひら全体を使って、押し当てるようにしましょう。•ヾ(*´∀`*)ノ

パッティングや、グイグイすりこむアクションは、敏感肌にはおすすめできません。
敏感肌は、普段の何気ないお手入れにも気を使ってあげるのが重要ということなんですね♪

それでは、次回はいよいよ敏感肌専用コスメについてご紹介したいと思います。

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。